ビタミンE

活性酸素の害を消去しようと働くビタミン

ビタミンE

細胞膜を酸化障害から守る重要な働き

ビタミンEの主な効果効能

抗酸化作用
老化予防
抗ガン作用
血行促進作用
動脈硬化の予防
不飽和脂肪酸の酸化を抑制
赤血球の溶血防止
生殖機能を正常に保つ
生活習慣病の予防

活性酸素の害を消去しようと働くビタミン

ビタミンEは、1922年に発見されたビタミンです。脂溶性ビタミンの1種で、トコフェロールとも呼ばれ、特にD-α-トコフェロールは自然界に広く普遍的に存在し、植物、藻類、藍藻などの光合成生物により合成されます。医薬品、食品、飼料などに疾病の治療、栄養の補給、食品添加物の酸化防止剤として広く利用されています。

本ページに記載されている情報は、健康食品・化粧品などに関連する事業に従事されている方を対象とした内容となっており、一般消費者の方に対する情報提供を目的としたものではありません。
オリジナル自社商品の健康食品やサプリメント、化粧品のOEMをご検討中の方や、小ロット・納期・コスト削減をお考えの方もお気軽にお問い合わせください。

その他取り扱い原料

ハブファンファクトリーではさまざまな原料を取り扱っております。
本サイトに記載されていない原料の取り扱いもございますのでお気軽にお問い合わせください。